今年の春は、白コーデでカジュアルすぎないリラックススタイル

「ホワイト女子」なんて言って、全身白コーデは、去年ぐらいから、トレンドになっていたけれど、今年もルイ・ヴィトンやクロエが、春夏コレクションで、ホワイトコーデを披露したりして、さらに、注目度が上がってる感じですね。

 

 

ViViの3月号でも「今年の春に流行るもの」で取り上げてるし、私も、今年は「白コーデに挑戦してみようかな」なんて思ってます。

 

去年も「やってみようかな」とは思ってたんですけど、なかなか勇気がなくて…。

 

「全身白なんて変に思われるんじゃないか」

 

とか

 

「男ウケがよくないんじゃないか」

 

とか

 

「白は膨張色なので、太って見えるんじゃないか」

 

とかが気になってたんですよねぇ。

 

だけど、考えてみたら、全部白でまとめなきゃいけないルールがあるわけでもないし、ヴィトンのコーデを見ても、差し色なんかは使ってるし、白をベースにしたコーディネートってことで気軽にチャレンジしてみたいと思います。

 

 

白コーデをする時のポイント

 

挑戦する前に、ファッション雑誌やネットを調べていたら、白コーデをする時のコツみたいなものがあったので、ここに、メモ的にまとめておきます。

 

違う素材のものを組み合わせる

 

メッシュやレース ニット素材 など、素材や質感の違うものを組み合わせると単調にならない。

 

ビジュー付きの洋服やアクセサリーで変化をつける

 

衿にビジュー付きの白ブラウスを活用する。または、自分でつける。
首元近くにビジューなどの光るアイテムを配置して、アクセントをつける。

 

クリーム色っぽい乳白色を混ぜる

 

グラデーションカラーをイメージして、真っ白からクリーム色に近い白をレイヤードしてコーディネイトする。

 

パステルカラーっぽい薄い色を混ぜる

 

きれいめだけどやさしい色味のパステルカラーをアクセントにする。
グレーとか、ホワイト感をこわすことなく、きれいな色目に仕上がる。

 

 

バッグや靴は、差し色にする

 

バックや靴など小物に差し色を使って、白がより引き立つようにする。小物のカラーを統一するとセンスアップ。

 

 

アウターーに濃い色を着る

 

白コーデをやってみたけど、あんまり自信がない時は、アウターで、黒とか青とか着る。

 

もはや、全身白コーデではなくなるけれど、トレンド気分は味わえるし、白と黒ならモノトーンコーデになるし、白に青とかも綺麗なコーデになるので。

異素材の白アイテムを組み合わせて春コーデを組む例

 

2019年の春コーデでも、引き続きトレンド継続中の白コーデですが、今年は、ちょっとスポーティな要素を取り入れて、女っぽさとストリートっぽい雰囲気がMIXされたようなコーディーネートにすると、より「今年の春」っぽいスタイルになります。

 

例えば、白のタートルネックのトップスの上から、白のキャミソールをレイヤードで重ね着して、ボトムスには、レース柄のタイトスカートを合わせます。

 

これだけだと、フェミニンなコーデですが、これに上から、白のマウンテンパーカーを羽織り、白キャップをかぶれば、かなりカジュアルダウンされて、今っぽいオシャレなスタイルになります。

 

完全白だけのコーデにこだわらなければ、今年の春コーデでは、ナチュラルカラーも流行っているので、羽織ものや靴をベージュやクリーム色っぽいカラーにする…という手もあります。

 

ガーリーブランドやフェミニン系のブランドでは、透けるアイテムと言えば、花柄レースですが、スポーツ系ブランドでは、メッシュ柄のアイテムもあるので、ちょっとボーイッシュな雰囲気に決めたい時には、メッシュ素材アイテムを取り入れるのがおすすめです。

 

さらに、上級者な人向けでは、先ず白のニットトップスにブルーのデニムパンツをはき、さらに、その上から、レース柄の巻きスカートを巻いて白コーデにしてしまう着こなしも考えられます。

 

レース柄の下にデニムの色が透けるので、かなりお洒落なスタイルになります。

 

パステルカラー系では、ミルキーパステルやチョークパステルがトレンド!

 

白コーデの流行もあってか、春になると着たくなるパステルカラーのアイテムも、ここ数年は、白が混ざって淡い感じのミルキーカラーやチョークパステルなどのアイテムが主役になって来ています。

 

ちょっと昔っぽいテイストや、フェミニンで女性らしいスタイルなら、濃いパステルカラーよりも、薄めのニュアンスカラーの方が合うので、チョークパステル系の色合いが主流になっているのかもしれません。

 

ホワイトブルー、ライトピンク、レモンイエローなどなど…薄いパステルカラーのアイテムは、ホワイトコーデで使ったアイテムとの相性もよく、また、黒やネイビーなど濃い色のアイテムと組み合わせて着こなすこともできるので、数着は持っていて損のない着まわし力高めのアイテムです。

 

レモンイエローのドルマンニットプルオーバー

 

  titty&Co. (ティティー アンド コー)

 

 

春っぽい花柄や、逆に、大人っぽい黒のスカートなどども相性がいい黄色いチョークパステルのプルオーバー。

 

襟ぐりは、カシュクールっぽい重なりのあるデザインで、春服トレンドのVネックの開きが大きい作りになっています。


 

ライトピンクのワイドパンツ

 

  FURFUR (ファーファー)

 

 

こちらも、ブラックのトップスと相性のいい薄いピンクのパステルカラーのワイドパンツ。

 

スカートに見えるガウチョパンツっぽいシルエットですが、裾の辺りにシースルー素材が使われていて、膝が透けるデザインになっているところが特徴です。


 

ライトブルーのプリーツ入りチュールスカート

 

  Balcony and Bed (バルコニーアンドベッド)

 

 

こちらも、裾に透け感あり。

 

プリーツスカートの上から、チュールレースをかぶせて、ふわっと春っぽい雰囲気を感じさせてくれる大人可愛いスカートです。

 

ブルーのチョークパステルは、白との相性もいいので、白コーデで着ていたトップスを着まわしてコーデを組むことも出来ます。


 

 

 

可愛さをキープしながら「大人増し」できる今年のトレンド

2019年のレディースの春夏ファッションのトレンドは、「可愛い」は、そのままに、取り入れるだけで「大人増し」できるような流行が多いですね。

 

中には、インスタのストーリーや、ティック・トックなど、動画系のSNS映えを意識したようなトレンドもあります。

 

手持ちの服と合わせて着れば、すぐに今年っぽいコーデになる春夏トレンドをピックアップしました。

 

動くたびに揺れる!動画映えスカート

歩くと、裾が動いてオシャレに見えるスカート

 

部分プリーツだったり、フリルだったり、歩くたびに揺れて動きのあるスカートが最旬。

 

例えば、落ち感のある素材だけど、裾には、切り替えが入っていて、歩くと綺麗な揺れ方をするようなロングスカートがおすすめです。

 

ビタミンカラー、フルーツカラーのトップス

フルーツカラーのイエローにベージュのパンツを合わせるコーディネート

 

オレンジ、イエロー、ピンクなど、ちょっと派手目のビタミンカラーや、かわいいフルーツカラーのトップスは、きれいめコーデと合わせる着こなしが流行中。

 

大人っぽくするには、落ち着いたベージュやブラウンのパンツと合わせても、おしゃれに見えます。

 

ほんのり透け感のあるロマンティックなワンピース

小花柄だったり、シアーな素材だったり、リゾートファッショにも使えそなロマンティックなデザインのワンピースは、ナチュラルな小物と合わせると、途端に、今年っぽい着こなしになります。

 

夏服なら、カゴバックやブラウン系のサンダル、また、アクセサリーなら、ウッドイアリングを合わせてみる…っていうコーディネートもあります。

 

ニュアンスカラーのスウェット

スエットの裾をスカートにインする着こなし

 

スポーティーなスエットは、中間色(ニュアンスカラー)を選ぶと、優しげな雰囲気を出せます。

 

ダボッとした、流行のビッグスエットは、裾をインして着こなすと、ラインが強調され、スタイルを良く見せることが出来ます。

 

また、ラブトキシックやWEGOなどのカジュアルなブランドのロゴ入りスウェットなら、ナチュラルなデザインのスカートにインするだけで、オシャレなミックスコーデになります。

 

 

制服っぽいデザインが好きな小学生から中学生の女子向けでは、ビッグサイズのセーラー衿が付いたスウェットの新作も登場しています。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る