ホワイトコーデの時の靴

ホワイトコーデの時の靴はどうする?白で揃える?それとも…

ホワイトコーデの時、足元はどうすればいいのか。

 

ホワイトだから、靴もホワイトで。。。
これ王道ですね。

 

普段、白い靴を履く機会は、そう多くないと思います。
夏のサンダルや、白いスニーカーのイメージがありますね。

 

ホワイトコーデの場合、服の色が白なので、靴の色は何でもOKと言っても過言ではありません。

 

アクセントカラーとして、キュートな赤もかわいいし、モード系ならヌーディカラーのベージュを合わせると、大人スタイルになります。

 

白のエナメルパンプスも、白コーデならではのアイテムです。

 

ロングスカートや、太めの白パンツなら、黒のおじ靴もおしゃれに決まりますね。

 

同じコーデも、靴によって違う雰囲気になるので、手持ちの靴で遊んでみることをオススメします。

 

ホワイトコーデは、今までのファッションと違い、靴の選択幅が広いのが特徴です。

 

小物と靴のカラーを揃えると、品のあるカジュアルスタイルが体現できます。
例えば、ベルトとバックと靴の素材を合わせて、カラーも統一させます。同じ色を胸元のアクセサリーにも使います。

 

シルバーやゴールドだと、ホワイトがより白く輝いて見える相乗効果があります。

 

ファミリーやカップルで、ホワイトコーデを楽しむ場合に、靴の形と素材はそろえて、カラーだけ色ちがいにすると、いい感じのオシャレが見る方も楽しくなりますね。