白シャツの着こなし首元がポイント

白シャツの着こなしは首もとにあり!襟を立てる?胸元あける?

シャープな印象と清潔感が魅力の白シャツですが、着こなしを間違えると制服のような、無難でそっけない雰囲気になりがちです。

 

白シャツの着こなしは、首もとがポイントです。

 

胸元を大きくあけて、首周りをスッキリと見せるのが大人の着こなし。
2つか3つ、ボタンを開けて、胸元が見えるか見えないかのラインを保つようにします。

 

気になる時には、濃いめのタンクトップインナーでアクセントをつけます。
視線が上がり、よりスッキリした印象になります。

 

V字ラインに合わせて、少し大ぶりのアクセサリーをつけると小顔効果もあります。

 

台えりが高く、大きめのえりを選ぶと、襟元をたてた時に、パシッと決まります。
大人のこなれ感を出すのには、エリを立てるのが必須ですね。

 

フェミニンな着こなしを目ざすには、ディテール・素材・シルエットも十分に吟味して、お気に入りの一枚を選びます。

 

えりや袖口のデザイン性や生地の光沢感や透け感などの質のよさをかんじさせる素材にします。
立体的な裁断で、ストレッチがきいて、体にフィットするものを選ぶといいと思います。

 

カフスに折り返しがあると、手元のアクセントになると同時に、マニッシュな雰囲気がでるので、シャープな印象にしたいときにおすすめです。

 

シルエット的には、肩幅やアームホールは小さめの方が、体のラインがきれいに見えます。